2007年04月08日

葛根湯

■葛根湯 (かっこんとう)

葛根湯は、漢方薬の風邪薬として有名なお薬です。

実証(体力のある方)タイプの方に用いられます。
処方としては、麻黄(マオウ)・桂枝(ケイシ)・生姜(ショウキョウ)が「辛温解表(軽い発熱、強い悪寒などの症状に対応)」、また葛根(カッコン)が「辛涼解表(高い発熱、軽い悪寒)」に働くため、夏風邪・冬風邪と幅広い風邪症状に対応できます。特に「風邪の引き初めで、体力的にも問題が無い時期」におすすめのお薬です。

☆漢方 豆知識☆

葛根 かっこん
マメ科クズの根から皮を取り除いたもの
◆発熱 ◆首や背中の痛み ◆呼吸困難 など

日本、朝鮮半島、中国各地に自生。粉に砕いたものが、お餅やおまんじゅうでおなじみの葛粉です。なかでも吉野葛は有名。発汗、解熱、鎮痛作用があることから、風邪薬としてもよく利用されます。山野や林下、土手などに生い茂っており、夏になると紅紫や白の可憐な花を咲かせます。長く太く伸びた根は、デンプン質が豊富です。

葛根湯


posted by かんまか at 15:47| 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。