2007年04月10日

耳鳴り

「腎は耳に通じる」

耳鳴りや難聴は、体の老化に伴い起こってくるのがふつうで、腎臓の衰弱が大きな原因となっていると漢方では考えられ、このようなわかりやすい表現があります。

また、耳鳴りがする場合、肝臓は大抵異変を起こしており、めまいがしたり熱を生じていることが多いようです。
漢方では、こういう状態を「肝の火が上がっている」と表現をします。 ・・・

耳鳴丸←クリック

耳鳴丸 一覧



posted by かんまか at 13:09| お悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。